火星人ラブミーのつれづれ日記。

火星人ラブミーは現役女子大生。地球って生きにくいなあと思うあまりに、自分の好き勝手なことを語る場所を作ることにしました。

自己紹介②:山口百恵について

こんにちは! ラブミーです。

早速ご無沙汰になってしまいました。

 

さて、今日は自己紹介第二弾として私の好きなものの二つ目である

山口百恵さんについてお話したいと思います。

 

あれっ…やはり世代が合わないぃ!!

私も正直70年代を生きたほうが良かったのではなかろうかと思います。

 

とはいえ、山口百恵さんにハマったのは割と最近です。

もともとよく歌番組などで昭和特集などするとき必ず流されますから、

プレイバックpart.2や、秋桜いい日旅立ち等々…聞けばわかる曲は沢山あったのですが、どっぷりハマったのはついここ数ヶ月ほど。

今は毎日流して聞いたり歌ったりしています!

よし、腕まくりをして語ろうかしらね! 以下からは百恵ちゃんと呼ばせてもらいます!

 

百恵ちゃんの魅力…それは語り尽くしても語りきれないものがありますが、

私はなんといっても、あの"媚びなさ"が一番好きなところです。

 正直、今の日本は"媚びる"ことこそが最も必要とされる媚び時代です。

媚びない人間は受け入れられず、生きていけません。

マスメディアはもちろん、芸能人だって、政治家だって、媚び媚びです。

そんな今の日本に媚びないアイドルなんて存在しないのです。

アイドルは媚びてなんぼ。媚びない女は可愛くない。

そんな、人々の無意識のうちにある前提を覆すのが百恵ちゃんでした!!

 

百恵ちゃんは歌う時ほとんど笑いませんし、笑顔を見せるにしてもそれは媚びた笑顔ではないのです。無邪気というのとも違いますが、爽やかな笑顔であって、その笑顔で何か自分が得してやろう、相手に勝ってやろうなんて意識がないのです。

あの百恵ちゃんの凜とした態度は、誰もが憧れる「強さ」そのものだったと思います。

 

そう、「強さ」です。百恵ちゃんにはれっきとした強さがあるのです。

意志の強さというのはなかなか人が持とうと持って持てるものではありません。

強さとは勇気であり、意志であり、覚悟です。

きっと百恵ちゃんには自分の世界というものがはっきりとあったのだと思います。だからどんなに人気絶頂でも、自分にとって何よりも大切で、幸福であった三浦友和さんとの結婚を機に、きっぱりと芸能界から身を引いて、今もなお復帰をしません。

引退しても戻ってくる人はたくさんいますし、私自身それをよくないとも思いませんが、やっぱりこの潔さは、百恵ちゃんの意志の強さを表していると思いますね。

 

こんな百恵ちゃんの人間像に惚れている私ですが、百恵ちゃんの歌が本当に大好きです!

やっぱりね〜、違うんですね、この時代の歌って。味があって、深みがあって。百恵ちゃんの歌を聴くと現代の歌が聴けなくなっちゃうんですよ、浅はかすぎて(泣)

百恵ちゃんの歌といえばなんといっても阿木耀子・宇崎竜童夫妻の提供した曲が代表的であり百恵ちゃんの代名詞とも言えますが、本当に素晴らしいですよね!

百恵ちゃんは歌わされているアイドルであるはずが、この夫妻の作る歌を歌っている百恵ちゃんは、歌わされているように見えないんですよ。世界観が合うのでしょうね。

 

そんな百恵ちゃんの楽曲で私が特に好きなものをいかにランキング!?

いや、優劣は付け難いので、トップの5つを同列扱いに、ただ列挙のみをしたいと思います!

 

1. イミテーション・ゴールド

2. プレイバックPart.2

3. 曼珠沙華

4. 絶体絶命

5. ロックンロール・ウィドウ

 

以上がトップ5です!! 結局、上記の夫妻提供の曲で占めてしまいました(笑)

上記の5つについて詳しく語るのはまた今度にします。何時間も何千字もかかってしまいますからね!(笑)

 

結局、いかに百恵ちゃんという人が素敵かを語るだけになってしまいましたが、

今回はこれくらいに抑えたいと思います。

 

では、また!

自己紹介①:科学忍者隊ガッチャマンについて

こんばんは。ラブミーです。

今日は自己紹介の一環として、私の好きなものの一つについて、お話します!

 

私は物心つく前から、科学忍者隊ガッチャマンが好きです!

えっ… 世代じゃなさすぎる!!(爆)

 

世代でいうと私の父がちょうど小学校低学年の頃に初代のガッチャマンが放送されておりました。1972〜74年ですね。

私がガッチャマンを知ったのは、おそらく再放送か何かを父がVHSに録画してあったものを、幼稚園生くらいの頃の私が、なぜか見たみたいです(笑)

幼稚園児の私はテレビっ子というよりは「ビデオっ子」でした。両親が録画してくれた子供用アニメや、父が見せたくて見せるビデオを片っ端から見ているような子でした。

 

そんな私が自らどっぷりハマってしまったのが、科学忍者隊ガッチャマンでした。

父は録画はしたものの、自分自身はそんなに見ていなかったようです。むしろ、同じ頃にやっていたマジンガーZの方に父は夢中でした。私も父にマジンガーZは見せられましたが、もちろんお話は覚えてはいますがハマりはしませんでした。

なぜ父に推されたわけでもないのにハマってしまったのか。それは私にもわかりません、というか、物心ついた時にはもうガッチャマンが大好きでした(笑)

 

科学忍者隊ガッチャマンの視聴に関しては、初代の無印ガッチャマンは何話かビデオで見て、あと平成版(90年代)のアメリカンなガッチャマンもビデオが家にあって見ましたが、初代の他の話やガッチャマンⅡ、ガッチャマンFとはGyao!でコンプリートしました。

そしてタツノコプロが日テレ子会社化された今は、Huluで全て見られるようになっていますので、時々癒しに見ております(笑)

 

私の幼い頃からの愛読本は『僕たちの好きな科学忍者隊ガッチャマン(別冊宝島、2003)でした(笑)

父が買ってくれて本当に大喜びしまして、私はいつも、クマのぬいぐるみかこの本を脇に抱えて歩いていたと母に言われています(笑)

 

この本が出版されたのは2003年ですので、私はまだ小学一年生…。恐ろしい子です…。

本の中は読めない漢字でいっぱいでしたので、父に何度も何度も「これはなんて読むの?」と聞きながら、読み返していました。

そのおかげというかそのせいというか(笑)、初代ガッチャマンに関しては何話がどんな話だったかというのを大体把握しています(笑) 舐めるようにずーっとこの本を眺めていましたからね…。

今でもしょっちゅうこの本を広げて、幼い頃にはわからなかった解説やコラムを読み返しながら、アニメを見るだけでは味わえない感動を深く味わっています(笑)

 

概要としてはこのくらいでしょうか。本当はガッチャマンについてもっと語りたくて語りたくて仕方がないのですが、本当にきりがないので、今回はこれくらいに。

ああもっと、ガッチャマンというアニメに込められた正義と悪の思想とか哲学についてや、大鷲の健とかレッドインパルスとかジョーとかベルクカッツェとかもう色々語りたいことが…!

 

後々、小出しにして語ります(笑) 今日は夜遅いのでこの辺で。

失礼いたしました。

初めまして、火星人です

こんにちは。火星人のラブミーと申します。

火星人と言っても地球育ち、地球で生活している現役女子大生。

 

なぜ火星人と名乗っているかといえば、そこには深くも浅はかな事情があるわけですが、至極簡単に言えば、「地球って生きづらいなあ」と感じるから。

人間関係、学校生活、一人暮らし等々・・・悩みはたくさんありますが、そんなことより何よりも、根本的にあるのは「居心地の悪さ」。

ここは居場所ではないのではないかとか、居場所はもっと違う場所にあるはずだとか、色々考えている中で、たどり着いたのは自分を「火星人」と思うこと。

 

自分が正しいと思って行動したことでもそれは正しくないと断言され、切り捨てられることがあります。

それはおかしいと指摘したところで、状況は何も変わらなければ、それならお前がここからいなくなれという態度を取られることがあります。

私のことを嫌っているのは、苦手だと思っているだろうことは、明白なくせして、それでもいい顔して話しかけてくる人がいます。

 

信じていた人がずっと嘘をついていたと気付いた時がありました。

自分と同じだと共感し語り合ってきた人が何を考えているのかわからなくなった時がありました。

考えれば考えるほど、自分は孤独なのだと気付いた時がありました。

 

そんな時に考え出した、苦しみから抜け出す方法。

自分は「火星人」なのだから、地球に居場所なんてないのだと思うこと。

火星人は前向きです。地球に未練も何もないのです。

 

だから自分は孤独と割り切って、「火星人」として日々を楽しむことにしました。

このブログはその一歩です。

ここでは私の好きなものや考えについて好き勝手に語ります。

私の趣味を面白いと思ってくださったり、同じような苦しみを味わってきたという方に喜んでもらえたりしたら幸いです。

 

では、また! よろしくお願いします。